カテゴリー別アーカイブ: XAMPP

古いXAMPP一覧。

古いバージョンのPHPのXAMPPを使いたい時はここからダウンロードして使える。
今のところ、さくっとチェックしたい時は便利。

入っているPHPのバージョンの確認方法。

少し面倒だが、
それぞれのバージョンのexeファイルと同じ階層に.txtファイルがある。
この.txtファイルにPHPのバージョンが記載されている。

xamppでapacheのaccess logが300MB超えてたので止めた。

1テキストファイルのくせに300MB超えてました。
まぁEmeditorなら開けましたよ。
という話ではなく、ローカルのaccess logは見ないので、
止めました。

あと、Mysqlがくっそ重かったのをもう耐えられず、
何度かぐぐって、
Mysqlのメモリを4倍位(16MB→64MB)に上げると大分早くなった。
もっと上げてもいいかな。

xamppで仮想ディレクトリを使う方法。

仮想ディレクトリとマッピングと言うやつらしいですが、要は、

http://localhost/piyo/piyo/piyo/



C:\xampp\htdocs\hoge

を関連ずけたいのですね。

設定はこんな感じで動くと思う。

<VirtualHost *:80>
	# ...
	Alias /piyo/piyo/piyo "C:\xampp\htdocs\hoge"
</VirtualHost>

失敗談

最初、

Alias /piyo/piyo/piyo/

末尾に余計にスラッシュ(/)をつけていて、ディレクトリにファイル一覧が表示されるのに、
一覧に表示されているPHPにアクセスできないという現象に遭遇したのだった。

windows7 + xampp1.7.7でsendmailを使う。

かれこれ1年以上さまよい続けてまして、
事あるごとにぐぐっていたのがついに実りました。
これができると、いちいちftpでサーバーに上げなくてもメールテストができるんですよ!
もう店じまいして年末休暇に入りたいくらいうれしいっす。今日はお祝いや。

結論

xampp1.7.7に同梱されているsendmail.exeでは送信できないらしく、
(Gmailの認証方式に対応できないとかなんとかが理由らしい。なのでGmail以外になら動作するのかもしれない。)
下記のエントリーの通りに最新版をダウンロードして設置するとあっけなく動作しましたとさ。

仕組み

sendmail.exe経由で、gmailのSTMPサーバーを使ってメール送信するとのこと。

Mac + xampp + ターミナルでmysqlにログインする方法。

完全に自分のためのメモです。
(普段ターミナルなんか触らないからログインの方法をよく忘れる。。。)

まずターミナルを起動。
/Applications/XAMPP/xamppfiles/bin/mysql -u root -p
passwordを聞かれるのでpassを入力。
でOK。
↑のコマンドは「rootでログインする」って意味だと思う。

パスが長ったらしいし普段使わないディレクトリだから余計覚えられないんですね。