カテゴリー別アーカイブ: 英語

SVL6を進行中。

PSSをメインにやってますが、懸念点がいくつか。。

  1. 日本語訳が(たとえば「驚く」)などで同じ英単語は違うものがよく出てくる。
    これって文脈によって適切に使い分ける必要があると思われるが、
    PSSだけではそれができない。
  2. 同じ語源で別の派生語が別々に出題される。
    →語源が同じだという事実に気付くのに時間がかかる。
    単語を見ただけだと案外気付かない。(例. Complexity(複雑さ)とComplication(複雑))
    しかもこういう紛らわしい単語はどっちがどっちだっけ状態になってなかなか覚えられない。

ただしメリットはあると思っていて、1日あれば1000語以上は目にすることができる。
DUOみたいに文章と単語が一緒になってるやつと比べるとスピードがけた違いに早い。
PSSは時間制限が付いてるのが地味にミソだなーと思った。

まぁこういうメリットデメリットはいろんなところですでに語りつくされてる。
誰もが通る通過点に過ぎないのかなと。
個人的にはPSSだけから始めて、あとから例文を覚える方法が合ってるっぽい。

SVL4 – 1週目完了

PSS8で最初の1週目が完了。
PSSいいかもしれない。
軽く流して9割正解だった。
これくらいの難易度はむしろ心地よいレベル。
知らない単語が増えると脳への負荷が増えるからきつくなるのは目に見えてる。
かといって同じ単語ばかりやってても拷問だし。

SVL5だけをやるんじゃなくて、SVL4と5の問題を混ぜてランダムで出題させるとか?
いろいろ試していくしかないっすね。まだやり始めて2日目だし。

P-Study System (PSS) を始めました。

今日からやっと始められた。
Windows環境用意したり、学辞郎買ったり、学辞郎をPSSに突っ込む作業に嵌ったりと、結構出費がかさみ、時間もかなりかかった。
なんだかんだで2週間くらいかかった気がする。。。

ともあれなかなか快適です。
ランキング機能はけっこうモチベーションを高めてくれそうな予感。
これでやっと英語の学習を生活の中心に戻せる。

DUO3.0 – 4週目完了。

やっと終わった。
1ヶ月以上かかった理由。

  • 飽きた。
  • 途中でHi life Low lifeを読了した。(50%も理解できなかったかも。ストーリーはなんとなくはわかるが細かい描写はわからないレベル。)

ということで、DUOに飽きて集中できなくなってきたので、洋書を読み始めたのでした。
仕事が忙しくなってきたというのもある。

kindle edition値下げ。

上がったり下がったり。 いつの間にか少し下がってる。

http://www.amazon.com/gp/product/B003QMLI1O/ref=docs-os-doi_0
Kindle Price
$4.74

$4.35

上がってから下がった。
トータルでは40セント程下がったのかな?
この本に関しては、だけど。
同じ作者の同じシリーズでも値段が違う。
ページ数で計算してるのかな。

価格遷移が残ってた

Kindle Storeが日本でオープンしてから一度5ドル超えた気がするんだけど覚えてない。

DUO3.0 – 3週目終了。

段々帰宅時間が遅くなってきて時間がとれないという理由と、
忙しくなるとDUOをやりながらいつの間にか、
他のことに気を取られている
ということが増えた。
というか、飽きてきてる感じもするかな。。。

結果、2週目同様の10日間かかった。
まだまだDUO制覇にはほど遠い。
ということで、4週目行きますか。


あと今更気づいたんだけど、
DUOって見出し語は2600個も無いんだね。
それって詐欺じゃねーのと思ったけど、
派生語とか含めると9000前後収録してるらしい。
このページ数なら2600以上収録してると言われても納得。

DUO3.0 – 2週目終了。

約10日で終了。
分割せずに通しでやってます。
2週目だと全然駄目。
1週目で見てるはずなのにまったく忘れてる文も結構ある
まぁそれでも覚えた単語の分だけ速度は上がったけどね。
通勤電車と徒歩の時はDUOの復習用CD聞いてるけど、
音合せをやってないから音から単語を拾えないものがかなりある。
こりゃ5、6週まわす必要あるかな。
明日からは3週目。楽は出来ないですねー。