(laravel)POSTを受け取る方法。

Laravel:Web職人のためのフレームワークに書いてありますが、
Route::post('/', function() {
    // something
});

と書いてやる必要があります。
これが無いと404 (Not Found)になります。
最初はフォームからデータを送信すると同じURLで受け取ろうとしてるのにpost後は404になるので発狂しそうになりました。
(get()、post()の他に、any()というのもあった。このルールは一度理解すればとてもわかりやすいルールですね。)

有料PDFはお薦めですよ。
文字が多いので読み飛ばさずに読まなければならない(当たり前)ですが、
その価値はあります。
僕が買ったのは日本語訳です。原書の方は読んでません。

(laravel)POSTを受け取る方法。」への2件のフィードバック

  1. HiroKws

    CodeHappy日本語版、お買い上げありがとうございます。
    翻訳させていただいた川瀬です。
    私もLaravelをCodeHappyで初めました。まあ、英語でしたので、文章は飛ばして読んでいました。 😀
    PHP経験者であれば、さっと読め、コーディングできるようになっていますので、多くのLaravelユーザーがCodeHappyをすすめています。Laravel開発者のテイラー氏も推薦しています。
    Laravelのページ表示で特徴的なのが、ページのレンダリングをgetで、フォームの処理をpostで行うのが標準的になっていることです。これにより、(route.phpしか使用しない場合であっても)ページのコントロールのコードがとてもすっきりします。最初は戸惑いましたが、慣れてしまうと、お気に入りになりました。
    どうぞ、これからもLaravelの記事をお願いします。まだ、日本では取り上げてくださるかたが少ないですから。もっと、盛り上がるといいですね。

    返信
    1. regepan

      おお!コメントありがとうございます。
      Laravelはとてもいいですね。
      まだ少ししか触ってないですが、学び始めの印象は非常に好感触です。
      ルーティングも僕が求めていたものに限りなく近い感じです。
      つまりシンプルな点が好きということです。
      正直なところ、
      フリー且つすばらしいフレームワークなので他の人に教えたくないと思ってしまう程です。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA