月別アーカイブ: 2012年9月

iphoneでHTML + JPGを表示させる時のポイント。

この「initial-scale=1.0」というのを指定しておくと、
桁違いに挙動を操作しやすくなるということを学びました。
お試しあれ。

参考事例。

どういうケースを想定しているかというと、
(横幅)1050px * (高さ)2000pxの画像と、
(横幅)1300px * (高さ)1050pxの画像

を表示させる時を想定しています。
bodyタグの中身はdivとimgタグがそれぞれ一個あるだけです。
それぞれの画像を表示してみるとわかるんですが、

初期表示時に、
(横幅)1050pxは横スクロールは出ない。
(横幅)1300pxは横スクロールは出る。
この場合は綺麗に表示させたいので、
(横幅)1050pxの場合はそのままでOKですが、
(横幅)1300pxの方は、横幅ピッタリ + センター寄せで表示させるためにあーでもないこーでもない、
とやることになるんですね。

結局のところ、
html or css or viewportで操作するのを諦めて、
画像のサイズ自体をそれぞれのデバイスに合わせるのが、一番フレキシブルでないですかと。
(cssのbackground-sizeプロパティというのも試したんですが、initial-scale=1.0無しだと画像がピンぼけしたので辞めました。)

まぁそういう事です。

参考

洋書3冊目「Magic Tree House」読了。

洋書といっても児童書なのでだいたい50ページ位でしょうか。(もっと少ないかも。30ページとか?iphone for kindleに入れてるのでページ数がわからない。)
2、3日で読んでしまえそうなボリュームです。

私は英検2級にぎりぎり受かるレベルですが、
知らない単語、知らない使用法の単語がよく出てきます。

take off(took off)は本当に頻出しますが、
恐らく意味が文脈によってだいぶ変わってる印象です。(辞書を引けばわかりますが、10種類以上意味が載ってます。)

ぐんぐん英語力がアップする音読パッケージトレーニング 中級レベル(CD BOOK) が辛くなって来た時に洋書を読み始めたので今は洋書が楽しくて音読パッケージはおやすみしてます。
まぁこのまま洋書を寝っ転がって読んでいるだけだとリスニングは明らかに向上しないので、
audible.comかアマゾンからMagic Tree HouseのCDをゲットする予定。
英語に触れること自体が楽しいと、
自然と英語に触れる時間が増えます。

洋書2冊目読了。

読んだのは「Cam Jansen: The Mystery of the Stolen Diamonds #1」です。

読了と言っても50ページ位の子供向けの本です。
amazon.comでレビューに7歳の子がおもしろい、
と書いてて$3.79でやすいし、
iphone for kindle使ってみたかったので
買ってみたという本です。
面白かった。
単語とか文法が適度にわかりにくくて
「これが7歳向けの英語か。。。俺は7歳レベルなのか。」
とかちょっと思いました。

今気づきましたけどamazon.co.jpにも売ってました。

ちなみにペンギンリーダーズが出版してるみたいです。
これも語彙制限本なのかなぁ?
というか児童書って必然的に語彙制限されますよね。
対象読者の年齢が違うってこと以外に
児童書と語彙制限本って何が違うんだろう。

The Ring読了。

我が人生で初めて洋書を読了しました。
とはいうても50ページ程度の薄い語彙制限本です。
高校生レベルの英単語だけで書かれている感じかもしれません。

内容は案外面白く感じることができました。
テーマは「Love」でしょうか。
Loveは世界共通なんですね。
日本人も本の内容とまったく同じですよ。
男と女の欲望のお話です。
すごくネタバレしたいですが次読む予定の洋書がAmazonからすでに届いているので、
ネタバレする時間が無いのが残念。
興味ある人は読んでみるのがよいでしょう。

まだ1冊目なのでわからないですが、
これが英語の世界というものですか?
もっと大きいものでしょうか。
それとも同じくらいでしょうか。

かの有名な森沢洋介 先生は20代で150冊の洋書を読み、英字新聞も毎週読んでいたとのこと。
150冊以上を目標にするのであればkindle買うべきだと思うようになりました。

[phpフレームワーク]kohanaメモ。

symfony2が難しすぎてうんうんうなっていたら、
kohanaを発見。
codeigniterの兄弟みたいです。
codeigniterみたいにシンプル設計で僕みたいな初心者に片足突っ込んだような人にはとっつきやすい。始めやすい。
学習コストが(symfonyから見て。)あまりかからないらしい。
ウノウのブログでも紹介されていてMVCの学習に適しているとか。
へー、それはいいということで昨日から触り始めました。

とにかく、
index.phpを消したかったので、
mod_rewriteの設定を変更。
/kohana/というディレクトリで運用していきますよ。

# Turn on URL rewriting
RewriteEngine On

# Installation directory
RewriteBase /kohana/ #←サブディレクトリの場合はこう修正する。

本日の気付き。

in_array超便利。
これでパイプの連続の呪縛から開放されました。
これがスマートというものだろう。だぶん。
wordpressの他人のコード眺めてて気づいた。
ありがとうございます。

もう一つ、wordpressの中で、var_dump()とかfirephpとかが吐き出されなくて
丸半日費やしてしまった。
(半年前に同じ部分を弄ったときはもっと素直だったきがしたんだけど気のせいだったか?)
ブラウザではなくテキストファイルに出すようにしたら素直に出たっぽい。
google先生今日もありがとうございました。

もうxamppで開発するのは限界な気がする。完全移行したい。